デリケートゾーンの黒ずみ解消のための石鹸の洗い方

デリケートゾーンの黒ずみ対策で石鹸の洗い過ぎは禁物

デリケートゾーンの黒ずみの原因にはいくつかの要因が考えられます。その中の一つに汚れもありますので、常日頃デリケートゾーンを石鹸などできれいに洗っておくことが大事です。しかし中にはその洗い方が間違っているので、逆に黒ずみを助長しているケースもあります。皆さんの中でデリケートゾーンの黒ずみを落としたいと思って、ゴシゴシ石鹸で洗っている人はいませんか?強めの力で洗った方がより洗浄効果も高いのではないか、このように考える人もいるでしょう。しかしこのようなゴシゴシ洗いは、かえってデリケートゾーンの黒ずみを悪化させてしまう恐れがあります。ゴシゴシ洗いはそれだけ肌に強い刺激を伴います。すると刺激から肌を守ろうとして、大量のメラニン色素が分泌され、色素沈着しやすい状態になります。また日に何度もお風呂に入って洗う方法もあまりお勧めできません。私たちの体には自浄作用と言って、何もしなくても殺菌できる能力があります。しかしあまりに頻繁に洗ってしまうとこの自浄作用も失われてしまって、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを引き起こす結果になりかねません。

デリケートゾーンの黒ずみ対策で正しい石鹸を使った洗い方

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、正しいアソコの洗い方をマスターすることは大事です。まず石鹸を手に取って、直接肌にこすり付けるのはやめましょう。摩擦が強いのでデリケートゾーンの刺激も高まり、かえって黒ずみを悪化させる恐れも出てくるからです。そこでまず石鹸を手もしくはネットなどで十分泡立てるようにしましょう。そしてその泡をデリケートゾーンに乗っけることです。こうすれば泡が一種のクッションのような役割を担って、摩擦を最小限に抑制できます。この時ごしごし洗う必要は一切ないです。石鹸の泡の吸着力で、汚れが付いてきます。撫でるような弱い力でも十分洗浄できるはずです。生理の時にはおりものなども出ます。そこでいつも以上に強めの力で洗わないと汚れを十分取り除けないと思っている人もいるでしょう。しかし生理の時でも泡立ててさっと洗うだけでもきちんと洗浄できます。デリケートゾーンを洗う時にタオルやネットを使っている人もいるかもしれません。しかしやはり自分の手、しかも指の腹を使ってやさしく洗うのがオススメです。

デリケートゾーンの黒ずみ専用の石鹸を使って洗うべし

デリケートゾーンの黒ずみ対策も兼ねて股間を洗浄しようと思っているのであれば、市販の石鹸よりもデリケートゾーン専用の石鹸を使用するのがオススメです。専用の石鹸の場合、弱酸性に作られているものが多いです。市販はアルカリ性のものが多いです。髪の毛を石鹸で洗うと、髪の毛がごわつくことはないですか?これはもともと弱酸性だった髪の毛が洗われたためにアルカリ性に変化したことで起きる現象です。しかし専用のソープを使用すれば、体と同じ弱酸性なので、肌にも大きな負担をかけることはないです。しかも専用の石けんの場合、デリケートゾーンのいろいろな悩みに対応している所も注目ポイントです。黒ずみの他にもかゆみやにおいなどにも対応している商品が多いです。あそこの悩みをいろいろと抱えているのであれば、専用の石けんを使用した方が良いでしょう。現在使っているボディソープや市販の石けんだと、股間がどうもかゆい、ヒリヒリする場合には肌に合っていない可能性が高いです。専用のものに変えると、このようなトラブルも解消される可能性は高いです。