デリケートゾーンの黒ずみケアにニベアが有効は本当?

デリケートゾーンの黒ずみケアにニベアが効果的といわれるのは保湿

ニベアの青缶を自宅で持っている家庭も多いでしょう。冬場手が乾燥したときにクリームを塗るという人も多いはずです。ところでこのニベア、インターネットではちょっと話題になっています。例えばセレブの使っている高級クリームと同じ成分が配合されているなどです。そのほかにはデリケートゾーンの黒ずみに効果が期待できるという話もしばしば出ています。デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人も少なからず見られます。誰にも知られることなくケアしたいと思っている人は、手軽に調達できるニベアで対策できればやってみたいと思うでしょう。なぜ黒ずみケアができるのか、保湿成分が豊富に含まれている点です。ニベアにはスクワランやホホバオイル、グリセリンなど保湿効果が高いといわれている成分がふんだんに配合されています。

ニベアで保湿してデリケートゾーンの黒ずみを間接的に解消する

デリケートゾーンの黒ずみの原因を探ってみると、メラニン色素が肌に沈着しているからです。通常メラニン色素が発生しても肌のターンオーバーで、古い角質がどんどん剥がれ落ちていきます。その結果、メラニン色素も徐々に薄まるのですが、肌のコンディションが悪化しているとこのターンオーバーがうまくいかなくなります。するといつまでもメラニン色素の含まれた肌が脱落せずに黒ずみになってしまいます。ニベアは上で紹介したように、保湿成分がいろいろと含まれています。保湿は肌の健康を維持するために欠かせない前提条件です。保湿ケアを続けると、肌のターンオーバーも活発になって、黒ずみがどんどん薄まっていく可能性が高いわけです。デリケートゾーンの黒ずみの要因として、肌荒れや乾燥の関係しているケースもあります。もしこのような要因に心当たりがあれば、ニベアをお風呂上りなどに塗って対策すれば、効果を実感できるかもしれません。お風呂上りであれば体温が上がっているので、クリームの伸びもよくなります。さらにクリームを手に平に取り出してから少しそのままにしておくと、クリームが温められて塗りやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策はニベアよりも美白クリームを

このようにニベアの保湿作用を活用して、肌のターンオーバーを促進してデリケートゾーンの黒ずみ対策を行うことも可能です。しかしあくまでもその効果は、あくまでも間接的・二次的な効果にとどまります。このクリームには保湿成分はあるけれども、メラニン色素を減らす、生成を抑制できるような美白成分は含まれていません。またニベアには添加物も含まれているので、デリケートゾーンに強い刺激を与える可能性もあります。例えばミネラルオイルがこのクリームに配合されているのですが、鉱物油の一種で肌に強い刺激を伴う可能性があります。「デリケートゾーンの黒ずみが解消された」という口コミもあるにはあります。しかし他のスキンケア化粧品と比較すると、その意見は少ないです。ニベア以外にも、デリケートゾーンの黒ずみ解消に高い効果の期待できる美白クリームはたくさんあります。この美白クリームには文字通り美白成分がふんだんに含まれています。ですからより高い効果が期待できます。やはり本格的なケアをしたければ、その部位に特化している専用の美白クリームを使うように心がけたほうがいいです。