デリケートゾーンの黒ずみに有効とされるレーザー治療とは?

レーザーでデリケートゾーンの黒ずみ治療できる?

美容皮膚科のクリニックの中では、デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているところも多いです。具体的な治療方法はいくつか選択肢があります。その中でもしばしば行われているのがレーザー治療です。デリケートゾーンの黒ずみは皮膚に沈着しているメラニン色素が原因です。レーザーにはこのメラニン色素を破壊する性質があります。メラニン色素を破壊して除去することで、デリケートゾーンの黒ずみをなくしていくアプローチになります。メラニン色素を破壊するから、1度の施術だけでもはっきりとした効果が実感できると思う人もいるでしょう。しかし1度の照射だけで薄くなることは少ないです。個人差があるものの、通常は数回施術を受けて、徐々に色味を薄くしていく形になります。レーザーを照射する場合、痛みがあるのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかし最近の機器は痛みができるだけ生じないような工夫が施されています。よく言われるのは輪ゴムではじかれたような痛みですが、耐えられないような痛さではないでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみでレーザー治療を行う流れ

美容皮膚科のデリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療する場合、まずはカウンセリングの予約をすることです。WEBサイトや電話などで予約をしましょう。美容皮膚科は通常完全予約制になっています。カウンセリングでは、デリケートゾーンの黒ずみの状態を診察し、具体的な治療方法についての説明があります。この中で料金に関する説明もありますので、しっかり内容を聞いておきましょう。治療を受ける際には、いくつか必要なものがあります。まずは年齢確認できるような身分証明書です。20歳以上であることが証明できるような運転免許証や健康保険証などを用意しましょう。未成年者の場合、保護者の同意書が必要です。カウンセリング当日保護者の同伴が必要なクリニックと同意書があれば同伴が義務ではないところもあります。このような説明も前もって確認しましょう。費用の支払い方法ですが、現金のほかにもクレジットカードや口座振替による支払いに対応しているところもあります。口座振替を希望するのであれば、通帳や印鑑なども持参する必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみにレーザー治療する場合の注意点

レーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみを解消するにあたって、施術の受けられない人がいます。このような話についても、カウンセリングで主治医から説明があるはずです。まず気を付けないといけないのは、日焼けをしてしまった場合です。日焼けしてこんがり焼けていると、レーザーが的確に患部に照射できない恐れがあります。日焼けもメラニン色素でデリケートゾーンの黒ずみの原因と一緒になってしまいます。特に海水浴などに行ってしまうと、ビキニラインのきわどいところまで日焼けしてしまう可能性もあります。そのほかにもレーザー照射する場合、多少なりとも肌に負担がかかります。このためすでに傷など肌が何らかのダメージを受けていると施術のできない可能性があります。さらに女性の場合、妊娠しているとほとんどのクリニックで施術を断られるでしょう。レーザーを照射することで胎児にどのような影響があるのか、はっきりしたことはわかりません。このため、万が一胎児に影響が出た場合に責任問題に発展する可能性があるので断られます。このように施術が受けられないケースもありますので気になる条件があれば、治療が受けられるかどうか医者に相談することです。