皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ治療を行う

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療することは可能?

日本全国に皮膚科がありますが、その中にはデリケートゾーンの黒ずみの治療に対応しているところも多いです。美容皮膚科といわれるような、審美的な治療を行っているところで対応しているところが多いです。皮膚科のような医療機関では、自宅ケアのようなクリーム以外の施術を提供しています。例えばレーザー治療を導入しているところは多いです。そもそもデリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素にあります。レーザーを照射することでこのメラニン色素を破壊して、黒ずみを解消していくアプローチがあります。また何をやっても解決できないようであれば、手術でデリケートゾーンの黒ずみを除去する方法も取れます。自分たちでケアするのと比較すると、より広い選択肢の中から施術を行ってくれます。ですから自分が納得できるような白く美しいビキニラインを構築できる可能性は高いです。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療するデメリットは?

クリニックで治療を行えば、自分でケアするのと比較してより高いデリケートゾーンの黒ずみ効果が期待できるかもしれません。しかし医療機関で治療を行うとなると、どうしても費用が掛かりすぎてしまいます。デリケートゾーンの黒ずみは審美的な施術になりますので、自由診療扱いになります。治療費は全額自己負担となりますので、3割負担の保険診療と比較するとどうしてもお金がかかります。少なく見積もって数万円、レーザー治療や手術をするとなると、何十万円という単位の費用が掛かります。クリニックの中には医療ローンが組めて、毎月少しずつ支払いのできるところやクレジットカードによる支払いに対応している医療機関も見られます。クレジットカードの支払いができれば、分割払いやリボ払いに対応可能です。まずデリケートゾーンの治療を皮膚科で行う場合には、どの程度の費用が掛かるのか、初回のカウンセリングの時に相談することです。そしてもし一括で支払えそうになければ、上で紹介したローンやクレジットカードによる支払いに対応しているかどうか確認することです。

まずは自分でデリケートゾーンの黒ずみ対策・そして皮膚科へ

費用だけで比較した場合、上で紹介したように皮膚科を利用するとかなりお金がかかるでしょう。自宅で美白クリームなどを使ったケアをすれば、月々数千円程度の費用で実施できます。もしできるだけお金をかけずにデリケートゾーンのケアをしたければ、まずはセルフケアをしてみるといいでしょう。自分のペースで無理なくケアができます。しかし美白クリームなどを使ったデリケートゾーンの黒ずみ対策で思うような効果が現れなかった場合には、皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみの治療を本格的に行うといいでしょう。専門医の診療を受けられますし、どのようにケアをすればいいのかのアドバイスも受けられます。またデリケートゾーンの黒ずみの原因の中には、睡眠不足や偏った食生活などの生活習慣の乱れも関係しています。このような日常生活で気を付けるべきことなどの指導も受けられるでしょう。ビキニラインの中には粘膜などの自分では対処しにくい部分もあるはずです。そのようなところの治療・施術もクリニックであれば行ってくれます。ですからセルフケアで満足できる結果が得られないのであれば、クリニックで治療を受けるなど2段階で対処するのがおすすめです。