デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているおすすめクリニック

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニックはレーザー治療しているところ

デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているクリニックは日本中にあります。その中でも人気の施術はレーザー治療です。デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているクリニックで提供しているレーザーは2種類あります。それはレーザートーニングとVホワイトニングレーザーという2種類があります。クリニックでカウンセリングを受ける際、医者からレーザー治療を勧められることもあるでしょう。その場合注意しなければならないこととして、上で紹介した両方のレーザー機器を用意しているかどうかです。実は上で紹介した2種類のレーザー治療は絶対的にどちらがいいという優劣はありません。デリケートゾーンの黒ずみの症状に合わせてマッチするレーザーの種類が変わってきます。自分の症状に合ったレーザー治療を行っているかどうか確認することです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニック・レーザーは2種類

デリケートゾーンの黒ずみの治療を行っているクリニックの中でレーザートーニングを採用しているところもあります。歴史的には昔からある治療法で、20年以上前から行われている施術です。レーザートーニングは出力が比較的弱くてむらなく照射できるので、広範囲に均一に照射できるのが魅力です。出力が弱いため肌に余計な負担を与えることなく、安全に施術ができるといわれています。一方Vホワイトニングレーザーはインティマレーザー機器を使って行う施術法です。従来のレーザーの場合、黒ずみの気になるところに照射する形をとります。しかしVホワイトニングレーザーの場合大陰唇や小陰唇などデリケートゾーンの内側から治療を行うのが異なるところです。費用で比較すると、レーザートーニングの方が安く済みます。しかしより少ない施術回数で効果を実感できるのはVホワイトニングレーザーといわれています。外側からではなく内側からの黒ずみを改善できるとして、クリニックでも導入が進められています。

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニック・レーザーはケースバイケース

デリケートゾーンの黒ずみの治療を行っているクリニックでは、このように2種類のレーザーを使った治療を行っています。いずれの方法を用いるのか、それはデリケートゾーンのどこに黒ずみが発生しているかによって変わってきます。もしVラインやIラインのような表面に発生している一般的な黒ずみであれば、レーザートーニングを導入しているクリニックで施術を受ければいいでしょう。ただしもしIラインの表面やさらに大陰唇や小陰唇のような女性器の内側の黒ずみが気になっているのであれば、Vホワイトニングレーザーを使用しているクリニックを選ぶべきです。前者は下着やアンダーヘアの処理をしたときに発生することが多いです。後者は加齢などによって角質が厚くなることで色素沈着が起きたケースが中心です。後者の場合、デリケートゾーンの黒ずみ以外の治療でも用いられています。例えば尿失禁や産後の引き締めの施術の際でもVホワイトニングレーザーが用いられることもあります。Vホワイトニングレーザーの場合、角質の表面を削り取る工程があります。このため、施術前に患部に麻酔クリームを使用します。ですから角質をはがすといっても痛みを感じることはありません。ただし麻酔が切れると痛みがぶり返してきて、人によっては1週間程度傷みが続く場合もありますのでカウンセリングで詳しい内容を医者から聞くことです。