デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で処方されるクリームで治療

デリケートゾーンの黒ずみ治療で処方されるクリームは2種類

日本中にある美容皮膚科や皮膚科のクリニックの中には、デリケートゾーンの黒ずみ治療を実施している所もたくさんあります。美容皮膚科では、レーザーやピーリングなど様々なアプローチで治療を実施しています。そのほかにもポピュラーな手法として、薬用クリームを患部に塗って経過観察する方法もあります。美容皮膚科のクリニックにデリケートゾーンの黒ずみ治療をお願いすると、主に2つの成分の配合されている薬用クリームが処方されるはずです。その2つの成分とは、ハイドロキノンとトレチノインです。どちらかの配合されているクリームを処方される場合もあれば、両方の成分の配合されているものを使って治療するケースもあります。これらの薬は、私たちが普段購入できる美白クリームと比較するとより高い効果が期待できます。しかしその反面、副作用のリスクがどうしても高くなります。ですから医者の指示に従って使用する必要があるわけです。自分で対策してみて効果がなかった場合に使用を検討してみると良いでしょう。

ハイドロキノン配合のクリームでデリケートゾーンの黒ずみ治療

ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と言われているほど高い効果の期待できる成分です。デリケートゾーンの黒ずみが発生するのはメラニン色素が肌に沈着することによります。メラニン色素はチロシンと酵素が結びつくことによって産生します。ハイドロキノンにはチロシンと酵素が結びつくのを抑制する効果があります。つまりメラニン色素が合成されにくくなって、デリケートゾーンの黒ずみが発生しにくくできるわけです。さらにすでに肌に沈着しているメラニン色素を薄くする作用もあります。美白効果の期待できる成分としては、トップクラスの成分とされます。しかし使い方を誤ると、炎症や赤み、白斑といった副作用の発生するリスクがあります。そしてもう一つ気を付けなければならないこととして、ハイドロキノンはすぐに劣化する点にも着目です。使用期限を守って使用することです。クリームの色が処方された当初よりも変色しているのであれば、劣化の始まっている証拠なので使用を控えるべきです。

トレチノイン配合のクリームでデリケートゾーンの黒ずみ治療

トレチノインは日本では認可されていない成分なので、市販のクリームには配合されていないはずです。このためクリニックなどでしか処方を受けることができません。トレチノインは古くなった角質をはがし、肌のターンオーバーを促進させる作用があります。このため、色素沈着している肌がどんどん脱落していきますので、デリケートゾーンの黒ずみを徐々に薄くできます。ただしトレチノインにも副作用がありますので注意しなければなりません。先ほども紹介したように肌のターンオーバーを促す効果があります。このため、皮が薄くめくれたような状態になる恐れが考えられます。そのほかにも妊娠中や授乳中、妊活をしている女性もしようを控えるように指導されます。まだはっきりとした因果関係は出ていないものの、お腹の中の胎児に悪影響を及ぼす可能性もありうるためです。これらのクリームを治療のために処方された場合、ハイドロキノンだと2000~5000円・トレチノインの場合2000~8000円程度の治療費がかかります。デリケートゾーンの黒ずみ治療は自由診療で保険が使えません。その関係もあって、どうしても高額治療になることはあらかじめ理解しておきましょう。