カテゴリー: デリケートゾーンの黒ずみ解消方法

デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているおすすめクリニック

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニックはレーザー治療しているところ

デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているクリニックは日本中にあります。その中でも人気の施術はレーザー治療です。デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているクリニックで提供しているレーザーは2種類あります。それはレーザートーニングとVホワイトニングレーザーという2種類があります。クリニックでカウンセリングを受ける際、医者からレーザー治療を勧められることもあるでしょう。その場合注意しなければならないこととして、上で紹介した両方のレーザー機器を用意しているかどうかです。実は上で紹介した2種類のレーザー治療は絶対的にどちらがいいという優劣はありません。デリケートゾーンの黒ずみの症状に合わせてマッチするレーザーの種類が変わってきます。自分の症状に合ったレーザー治療を行っているかどうか確認することです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニック・レーザーは2種類

デリケートゾーンの黒ずみの治療を行っているクリニックの中でレーザートーニングを採用しているところもあります。歴史的には昔からある治療法で、20年以上前から行われている施術です。レーザートーニングは出力が比較的弱くてむらなく照射できるので、広範囲に均一に照射できるのが魅力です。出力が弱いため肌に余計な負担を与えることなく、安全に施術ができるといわれています。一方Vホワイトニングレーザーはインティマレーザー機器を使って行う施術法です。従来のレーザーの場合、黒ずみの気になるところに照射する形をとります。しかしVホワイトニングレーザーの場合大陰唇や小陰唇などデリケートゾーンの内側から治療を行うのが異なるところです。費用で比較すると、レーザートーニングの方が安く済みます。しかしより少ない施術回数で効果を実感できるのはVホワイトニングレーザーといわれています。外側からではなく内側からの黒ずみを改善できるとして、クリニックでも導入が進められています。

デリケートゾーンの黒ずみ治療でおすすめのクリニック・レーザーはケースバイケース

デリケートゾーンの黒ずみの治療を行っているクリニックでは、このように2種類のレーザーを使った治療を行っています。いずれの方法を用いるのか、それはデリケートゾーンのどこに黒ずみが発生しているかによって変わってきます。もしVラインやIラインのような表面に発生している一般的な黒ずみであれば、レーザートーニングを導入しているクリニックで施術を受ければいいでしょう。ただしもしIラインの表面やさらに大陰唇や小陰唇のような女性器の内側の黒ずみが気になっているのであれば、Vホワイトニングレーザーを使用しているクリニックを選ぶべきです。前者は下着やアンダーヘアの処理をしたときに発生することが多いです。後者は加齢などによって角質が厚くなることで色素沈着が起きたケースが中心です。後者の場合、デリケートゾーンの黒ずみ以外の治療でも用いられています。例えば尿失禁や産後の引き締めの施術の際でもVホワイトニングレーザーが用いられることもあります。Vホワイトニングレーザーの場合、角質の表面を削り取る工程があります。このため、施術前に患部に麻酔クリームを使用します。ですから角質をはがすといっても痛みを感じることはありません。ただし麻酔が切れると痛みがぶり返してきて、人によっては1週間程度傷みが続く場合もありますのでカウンセリングで詳しい内容を医者から聞くことです。

デリケートゾーンの黒ずみに有効とされるレーザー治療とは?

レーザーでデリケートゾーンの黒ずみ治療できる?

美容皮膚科のクリニックの中では、デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っているところも多いです。具体的な治療方法はいくつか選択肢があります。その中でもしばしば行われているのがレーザー治療です。デリケートゾーンの黒ずみは皮膚に沈着しているメラニン色素が原因です。レーザーにはこのメラニン色素を破壊する性質があります。メラニン色素を破壊して除去することで、デリケートゾーンの黒ずみをなくしていくアプローチになります。メラニン色素を破壊するから、1度の施術だけでもはっきりとした効果が実感できると思う人もいるでしょう。しかし1度の照射だけで薄くなることは少ないです。個人差があるものの、通常は数回施術を受けて、徐々に色味を薄くしていく形になります。レーザーを照射する場合、痛みがあるのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかし最近の機器は痛みができるだけ生じないような工夫が施されています。よく言われるのは輪ゴムではじかれたような痛みですが、耐えられないような痛さではないでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみでレーザー治療を行う流れ

美容皮膚科のデリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療する場合、まずはカウンセリングの予約をすることです。WEBサイトや電話などで予約をしましょう。美容皮膚科は通常完全予約制になっています。カウンセリングでは、デリケートゾーンの黒ずみの状態を診察し、具体的な治療方法についての説明があります。この中で料金に関する説明もありますので、しっかり内容を聞いておきましょう。治療を受ける際には、いくつか必要なものがあります。まずは年齢確認できるような身分証明書です。20歳以上であることが証明できるような運転免許証や健康保険証などを用意しましょう。未成年者の場合、保護者の同意書が必要です。カウンセリング当日保護者の同伴が必要なクリニックと同意書があれば同伴が義務ではないところもあります。このような説明も前もって確認しましょう。費用の支払い方法ですが、現金のほかにもクレジットカードや口座振替による支払いに対応しているところもあります。口座振替を希望するのであれば、通帳や印鑑なども持参する必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみにレーザー治療する場合の注意点

レーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみを解消するにあたって、施術の受けられない人がいます。このような話についても、カウンセリングで主治医から説明があるはずです。まず気を付けないといけないのは、日焼けをしてしまった場合です。日焼けしてこんがり焼けていると、レーザーが的確に患部に照射できない恐れがあります。日焼けもメラニン色素でデリケートゾーンの黒ずみの原因と一緒になってしまいます。特に海水浴などに行ってしまうと、ビキニラインのきわどいところまで日焼けしてしまう可能性もあります。そのほかにもレーザー照射する場合、多少なりとも肌に負担がかかります。このためすでに傷など肌が何らかのダメージを受けていると施術のできない可能性があります。さらに女性の場合、妊娠しているとほとんどのクリニックで施術を断られるでしょう。レーザーを照射することで胎児にどのような影響があるのか、はっきりしたことはわかりません。このため、万が一胎児に影響が出た場合に責任問題に発展する可能性があるので断られます。このように施術が受けられないケースもありますので気になる条件があれば、治療が受けられるかどうか医者に相談することです。

デリケートゾーンの黒ずみ治療する美容皮膚科の選び方のポイント

デリケートゾーンの黒ずみ対策実績のある美容皮膚科か?

デリケートゾーンの黒ずみ治療を行っている美容皮膚科は日本全国にたくさんあります。その中でも納得できる治療の受けられる医療機関を選ぶためには、まず実績を確認することが大事です。美容皮膚科といっても、クリニックによって得意分野やどこからどこまで対応しているか、施術範囲も違ってきます。中にはデリケートゾーンの黒ずみの施術実績を持っているクリニックを見つけることです。ほとんどの美容皮膚科では自分のホームページを持っています。個別の美容皮膚科のホームページの中で、医者がどのような治療に対応しているか、専門医などどのような資格を持っているか紹介しています。その中でデリケートゾーンの黒ずみの症例がどの程度あるか確認しておきましょう。もしWEBサイトだけでは十分な情報が得られなかったのであれば、カウンセリングの時に医者に直接訪ねてみましょう。そこでしっかりした説明があったか、はぐらかすような態度をとらなかったなどもチェックポイントになりえます。

デリケートゾーンの黒ずみ相談で美容皮膚科に来院したときの様子

デリケートゾーンの黒ずみはクリニックに来院したらすぐに治療は行われません。まずはカウンセリングが実施されます。その中で医者による診察、どのような状態で治療方法をどうするかなどの説明がなされます。このカウンセリングは無料で受けられるところが多いので、いくつかクリニックを訪れてみて比較するといいでしょう。医者の説明が納得できるもの海外にも、来院したときにしかわからないチェックポイントを確認することです。例えばクリニックの衛生管理がきちんとしているかどうか、主治医以外にも看護師などのスタッフの対応が丁寧かどうかチェックすべきポイントはいろいろとあります。またデリケートゾーンの黒ずみ治療をクリニックで行った場合、肌トラブルが起きる可能性もゼロではないです。その場合のアフターケアがどうなっているかもカウンセリングの際に説明を受けることです。何かあった場合でも万全の態勢を整えていれば、安心して治療をお願いできるでしょう。

皮膚科のデリケートゾーンの黒ずみ料金が明確かどうか

デリケートゾーンの黒ずみ治療は自由診療で、保険適用されません。このため、治療費は全額自己負担となります。ですから普通の皮膚科の治療と比較すると料金は高額になります。そこでカウンセリングを受ける際に、自分の治療内容の場合どのくらいの費用が掛かるのか必ず確認しておくことです。クリニックの中には、料金があいまい、金額を提示してくれるもののどうしてそうなったか、その理由が不明確な場合もあるようです。このようなところで治療を受けると、後々追加料金などの名目で莫大な費用を請求されることもあり得ます。またカウンセリングの際に治療に関する説明も普通の美容皮膚科であれば、患者の納得できるところまで丁寧に説明してくれます。しかしクリニックの中には、治療の説明をあまりせずに施術を行おうとするところもあるようです。もし説明を求めても納得できる話が出てこないようであれば、そのようなクリニックも避けたほうがいいでしょう。カウンセリングの中で、患者からの質問を受け付ける工程が必ずあります。どのような細かな質問でもいいので、自分が納得できるところまでどんどん尋ねることは尋ねましょう。このように施術を行う前に十分なコミュニケーションの取れる美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ治療を行うことが大事です。

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ治療を行う

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療することは可能?

日本全国に皮膚科がありますが、その中にはデリケートゾーンの黒ずみの治療に対応しているところも多いです。美容皮膚科といわれるような、審美的な治療を行っているところで対応しているところが多いです。皮膚科のような医療機関では、自宅ケアのようなクリーム以外の施術を提供しています。例えばレーザー治療を導入しているところは多いです。そもそもデリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素にあります。レーザーを照射することでこのメラニン色素を破壊して、黒ずみを解消していくアプローチがあります。また何をやっても解決できないようであれば、手術でデリケートゾーンの黒ずみを除去する方法も取れます。自分たちでケアするのと比較すると、より広い選択肢の中から施術を行ってくれます。ですから自分が納得できるような白く美しいビキニラインを構築できる可能性は高いです。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科で治療するデメリットは?

クリニックで治療を行えば、自分でケアするのと比較してより高いデリケートゾーンの黒ずみ効果が期待できるかもしれません。しかし医療機関で治療を行うとなると、どうしても費用が掛かりすぎてしまいます。デリケートゾーンの黒ずみは審美的な施術になりますので、自由診療扱いになります。治療費は全額自己負担となりますので、3割負担の保険診療と比較するとどうしてもお金がかかります。少なく見積もって数万円、レーザー治療や手術をするとなると、何十万円という単位の費用が掛かります。クリニックの中には医療ローンが組めて、毎月少しずつ支払いのできるところやクレジットカードによる支払いに対応している医療機関も見られます。クレジットカードの支払いができれば、分割払いやリボ払いに対応可能です。まずデリケートゾーンの治療を皮膚科で行う場合には、どの程度の費用が掛かるのか、初回のカウンセリングの時に相談することです。そしてもし一括で支払えそうになければ、上で紹介したローンやクレジットカードによる支払いに対応しているかどうか確認することです。

まずは自分でデリケートゾーンの黒ずみ対策・そして皮膚科へ

費用だけで比較した場合、上で紹介したように皮膚科を利用するとかなりお金がかかるでしょう。自宅で美白クリームなどを使ったケアをすれば、月々数千円程度の費用で実施できます。もしできるだけお金をかけずにデリケートゾーンのケアをしたければ、まずはセルフケアをしてみるといいでしょう。自分のペースで無理なくケアができます。しかし美白クリームなどを使ったデリケートゾーンの黒ずみ対策で思うような効果が現れなかった場合には、皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみの治療を本格的に行うといいでしょう。専門医の診療を受けられますし、どのようにケアをすればいいのかのアドバイスも受けられます。またデリケートゾーンの黒ずみの原因の中には、睡眠不足や偏った食生活などの生活習慣の乱れも関係しています。このような日常生活で気を付けるべきことなどの指導も受けられるでしょう。ビキニラインの中には粘膜などの自分では対処しにくい部分もあるはずです。そのようなところの治療・施術もクリニックであれば行ってくれます。ですからセルフケアで満足できる結果が得られないのであれば、クリニックで治療を受けるなど2段階で対処するのがおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみをケアするメリットって?

デリケートゾーンの黒ずみケアするメリット・温泉や海にも行きやすく

デリケートゾーンの部分が黒ずんでいると、コンプレックスになってしまいがちです。どうしても見た目が汚らしくなってしまいますし、できることなら周りに知られたくないと思うでしょう。デリケートゾーンの黒ずみケアのグッズもいろいろと販売されているので、気になっているのなら自分でケアしてみるのはいかがですか?ケアをすることによって、黒ずみが薄くなるとコンプレックスがなくなるでしょう。例えば夏場には海水浴・冬場には温泉旅行などに友人から誘われることもあるでしょう。しかし海水浴でも温泉でも、肌を見せないといけません。「黒ずんでいるのを周りに指摘されたらどうしよう…」と思うとなかなかせっかくの誘いも断らざるを得ません。しかしケアをしてきれいなビキニラインになれば温泉にも一緒に入れるでしょうし、ビキニなど露出の高い水着を漬けて海水浴にも行けるようになるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアするメリット・恋愛に積極的になれる

デリケートゾーンが黒ずんでいると、恋愛にもどうしても奥手になりがちです。せっかく好きな男性が現れて、向こうも気にしてくれている場合でもデリケートゾーンの黒ずみがあるとどうしても一歩先に行けないでしょう。デートをしていざベッドイン…ということになると、デリケートゾーンの黒ずみを彼に見られる可能性は高いです。そうなったとき相手の男性はドン引きするかもしれません。また男性の中には股間の黒ずんでいる女性を見て、「この人は遊び人ではないか?」と思う人は多いようです。そのようないわれのない偏見を抱かれてしまう恐れもあります。いずれにせよ、せっかくの恋愛のチャンスをふいにしてしまう恐れも出てきます。また先ほど紹介した温泉や海水浴に彼氏と一緒に出掛けるのも躊躇するでしょう。このような問題もデリケートゾーンの黒ずみケアして、くすみのない美白になれば問題も解決できるでしょう。恋愛に対してポジティブになって、男性に対しても積極的になれる可能性は高いです。そうすれば、出会いのチャンスが高まりますし、気になる男性と恋愛が進展する可能性も出てきます。

デリケートゾーンの黒ずみケアするメリット・自分自身に自信が持てる

デリケートゾーンの黒ずみケアをすることで、自己満足できるのもメリットの一つです。股間は普段露出するところではないので、あまりケアをする必要性はないといえます。しかし「自分は見えない部分でもしっかりケアできる人間だ」と思えば、結構自信が持てませんか?このような見えない部分の努力をしていると、見た目はっきりと変わったわけではないけれども内面からにじみ出てくるものが違ってきます。またお風呂に入ったときなどに鏡で自分の体を見るでしょう。この時、デリケートゾーンの黒ずみが徐々に薄くなってくればその様子を見るだけでもうれしいはずです。イメージとしてはダイエットしているときにお腹が引き締まってくびれが出てきたときにはうれしいですよね。このような自信がさらに魅力的な女性になるでしょう。自分の自信を持っていると、周りの人からキラキラしているように見えるはずです。そうすれば、周りの人がどんどん引き付けられるでしょう。仲間の中心になるでしょうし、異性も引き寄せるかもしれません。このようにデリケートゾーンの黒ずみケアをするといろいろなメリットが期待できるので、やらない手はないです。